術後の拘縮とは?

マドモアゼル麻布十番です!

本日は術後の変化の一つである拘縮と施術の必要性について説明します!

手術後の拘縮は脂肪吸引だけでなく、他の種類の美容外科手術でも起こることがあります。
例えば、脂肪注入やリフト手術、乳房形成手術などでも拘縮が起こります。拘縮は手術によって組織が修復される際に起こる自然な反応です。この収縮過程によって、一時的に拘縮感や違和感を感じることがあります。

例えば、脂肪吸引をすると、元々脂肪があった部分が空洞になりますが、この空洞をなくすために周辺組織がくっついて回復しようとする働きにより、皮膚が突っ張ったりボコボコになったりするのが拘縮です。症状が出たとしても、一般的には施術から半年程度を目安に落ち着いていきます。




◎なぜ術後ケアにインディバがいいの?
インディバは、高周波電流を用いて皮膚や組織を温め、血流を促進し、リンパ液の流れを改善する治療法です。これにより、手術部位の組織の修復や再生が促進され、拘縮感や違和感の軽減に役立ちます!インディバ治療は通常、脂肪吸引手術の後のリカバリープロセスの一環として行われます!施術した医療機関よりインディバを勧められるほどです!医師や美容外科専門家との相談の上、適切なタイミングで行われることが重要です。

拘縮したままのボコボコなお肌になってしまう前にインディバでリラックスしながら美を極めていきませんか?




術後の拘縮とは?_20240408_1






マドモアゼルのプランと料金